耳鳴りはストレスも関係あるでしょうか? 耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)の原因は人それぞれなのですが、ストレスが原因で耳鳴りが起こる人もいます。 その他にも、何らかの病気が原因で耳鳴りが起きていることもあるため、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)からきている耳鳴りだろうと勝手に判断して放置してしまうのはとても危険です。 ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が原因で起こる耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)は、ストレスの影響で自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)の働きが鈍るために起こります。 耳鳴りばかりではなく、難聴の症状が出てしまうこともあるでしょう。 耳鳴り発症の発端となるのが、過労やストレス、睡眠不足などで、場合によっては風邪(厳密に言うと、インフルエンザとは畭なります)や肩こりといった症状がきっかけとなり、耳鳴りを発症してしまうこともあります。 こういう場合は、ストレスを緩和することで耳鳴りの症状も緩和することができるとされています。 ただ、ストレスの原因が仕事や家庭環境にあることも多い現代人の場合、完全にストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を除去するのは難しいでしょう。 できるだけ疲れを溜めないようにして、自分なりのストレス解消法をみつけるようにしましょう。 もちろん、早いうちに耳鼻咽喉科を受診することが大前提ですー